こころ整理と気づきの日記

何でもない毎日を落ち着いて心の深呼吸しながら穏やかに生きたい。。

はじめの一歩

これくらいでは

とうにもならないと

諦めないで

やらないよりは

やったほうがまし

はじめの一歩が大事

ゼロから有が産まれた瞬間

最初は小さな一歩でも

それを細胞の核として

変化が起こり始めるから

塵のような

小さな核からでも

雪が生まれて

地球に降り注ぐ奇跡のように。。。

素直に素敵🌷

たとえば人が日頃

何気なくしているどんな些細なことでも

その人が心掛けている

その人の良いところを

見つけて認めて見習って行きたい。。。

人のしている素敵なことを見つけると

私も憧れの人に近づきたくて

同じような人に成りたいと思う。。。

人にされて嫌だなって感じることには

私は同じようなことを

人にしないように気をつけたいと思う・・・

どちらも人は姿や行動で現して

教えてくれる良い先生になってくれる。。。

誰の良いところでも

自分と違う考えの人も

喧嘩してしまった人からも

嫌われてしまった人からも

敵も味方も上も下もなく

素敵な人は素敵だと

いいものはいいと

素直に言える自分でありたい。。。🌷

こころの手。。。

人や物事を

二極的な

相対的な

良いか

悪いか

どちらかだけで

判断しないようにしたい。。。

人や物事は

完璧な形ではないけれど

自分には見えないような

多面的なところがあり

ある一部分だけを見て

この人はこういう人だと

決めつけないように気をつけたい。。。

悪いところを探せば

どこにでもあるけど

反対に

良いところを見つけるようにすれば

どんなところにも

どんな人にもあるものだから。。。

こころのゆとりの手を大きく広げて

無くしてはならない心を掴めるように。。。

無くてもいい偏りや思い込みは手放せるように。。。

枝を矯めて花を散らさないように。。。

人間は完全ではありません

人も自分もそれは同じです。。。

完全でない足りないぶんは

互いの不完全さや間違いを許せる

こころのゆとりにとっておきたい。。。

互いに相手に対する

いたわりや敬意を忘れてしまって

自分の意見を

100パーセント通そうとしたら

それはとっても寂しい世界。。。

自分中心の

たったひとりの世界

まるでバベルの塔のよう。。。 

人はひとりでは生きてはいけません

自分の小さなたてまえやこだわりで

大切な人との繋がりを切らないように。。。

もしも途中まで間違ってしまっても

大切なことを思い出して

目を覚ますことも出来る

人の小さな欠点ばかりに目が行き

互いに責め合って

大切なものを見失わないようにしたい。。。

自分から離れた

もっと広く大きな長い目で

全体を見渡せるように冷静になりたい。。。

互いに仲良くなる機会を見逃さないように。。。

心の居場所。。。

自分の心の中で

ブレてはいけない

大切な志しがある

大切な心の芯。。。

人の幸せを願う気持ちは

少しも変わっていません。。。

自分のためだけでなく

人のために何か出来たらと

信じて願う気持ちだけは

少しもブレてないょ。。。

たとえ相手がどんな人でも

人のせいにしない

人のため人の喜ぶ顔が見たいから

人の役に立ちたいから

そこは少しも変わっていない。。。

その気持ちがあってこそ

頑張れる。。。

みんなに隔たりなく

みんなの幸せを願う気持ちだけは

少しも変わっていません。。。

いつでも

どんなこてがあっても

決して諦めたくないょ。。。

だって

それがなくなってしまったら

きっと私が私で

なくなってしまうから。。。

いつでも帰れる

心の居場所があることは

とっても幸せなことです。。。

いろいろなことがあっても

心が道に迷ったりしても

いつでも原点に戻れる場所。。。

それは今まで出逢えた大切な人に

教えて頂いた大切な心の居場所だから。。。

決してひとりきりじゃない

ひとの心に助けられ生きている。。。

喉元過ぎても熱さを忘れたくない。。。

失敗したり

間違ってしまった時

胸の奥がしばらく

痛んだりします。。。

でも心が大変だったり

辛かったりした時に

手を差し延べ助けて下さっり

温かい人の真心に支えられて

ここまで少しずつ歩いて来れました。。。

病気になって

健康の有り難みを痛感するように

間違った心の生活習慣を治せるように

大変だった時のことを

喉元過ぎても忘れないようにしたい。。。

良くなっても辛かった時に

助けていただいた人のご恩を大切に

感謝の気持ちを忘れないでいたいです。。。

人は教科書には載っていない

いろんな大切なことを

身を持って教えてくれる

胸の奥の痛みが

少しづつ薄れてきても

人の心に教えてもらったことは

いつまでも心の中に

忘れないように大切にして生きたい。。。

柔らかい心の緩衝材

人は完全ではなく

誰のせいでもなく

失敗してしまったり

間違えてしまう時もある

不安になったり

落ち込んだりする時も

心にはいろんな時がある

誰もが柔らかい心を持ちながら

いろいろな問題を抱えながら

懸命に生きている

お互いに

相手の問題に

簡単に触れたり

簡単に決めつけたり

一方的に責めたりしないで

相手の自由を尊重して

自分がされて嫌なことは人にもしない

柔らかい心を認めて合って赦し合って

大切な心が傷つかないような

柔らかい心の緩衝材で包みたいな。。。